スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


【2010年を振り返って。】

今年のフラットフィッシュゲームは、熱かった。
これも、AX-アックスJH-67の活躍があったからこそ!
アックスでなければ釣れないヒラメもいたはず。
来年は、どんな年になるのだろう。
今年のように、フラットフィッシュの熱い年になりますように。



詳細なレポートは、当ブログ[フラットフィッシュ]カテゴリーをご覧ください。
SaltWater釣行記。〜ルアー投げま専科?〜http://ameblo.jp/simoshimo/

PS.
フラットフィッシュを狙っていると、たまぁ〜にイシモチも釣れました^^



福島 下野さん


今回も明石沖ジギングです。

12月3日と4日、今年も残り少ない明石沖へ3名で釣行しました。
ただ3日は強風で出船無理!4日もダメかと思いましたが、前日の天気予報で判断し午前中からなら天候回復で行けそうな感じ?
後は当日の天気に任せ釣行当日。

海上に出ると陸上以上に風が吹いてます、この程度ならどうにか、天気予報も回復予報ですし。まずは風裏の淡路(東側)よりジギング開始し、風が収まってから本命ポイントを叩いて行く釣行となりました。
狙いはメーターサワラと鰤です!!
昼前まではやはり風が吹きジギングが難かし状態で時よりタチウオが遊んでくれる程度でした。
やっと風が納まり本命ポイントを・・・潮廻りと睨めっこし、やっとベイトの溜まるポイントにに遭遇しました。やっとのやっと同船者に本日初ヒット、ヒットしたのはサゴシ(サワラの小サイズ)で3名連発ヒット、サイズはほぼ同寸でvvv
まずは全員ボーズなしvvvでも、その後は続かなく次なるポイントへ一投目より同船者にヒット、先程とは全然違う引き、期待どおり77cmのメジロ。次の流しでもう1人の同船者と私にツインヒット、同サイズのメジロです。
うれしーvvv



その後はやはりアタリなく色々試しましたが終了。前日の天候悪化と明石海峡終盤でこの釣果に大満足。
今回の釣行でもジギングフックにはスティンガージギングフック38 SJ-38TG 3/0を使用しました。
信頼できる針を使うと何の不安もないです。


兵庫 塚原さん

久々のオフショア

釣行日:12月2日
釣行場所:但馬沖

久々にオフショアで遊んできました。
前日に大サワラ、メジロが好調との情報頂いたのでサワラ本命で頑張ってみましたがカスリもせず…
メジロは単発ヒットですがポロポロとなんとか4本キャッチできました。
寒ブリ狙いでまた頑張ってみます!




ルアー:撃投ジグ125g(ブルピン、ピンクG)ハイパー150g(ネイビー)
フック:ジガーライト 早掛け5/0のダブル自作
    ジガーライト ホールド5/0のダブル自作


兵庫 森垣さん


5投で5目釣り!?

2馬力ボートでの釣行です!
今回も静ヘッド14gを使ってボトム付近を叩きました。



刺さりがグレートな静ヘッドで触れるモノ皆釣りあげた〜♪
静ヘッド!もう、手放せません!!



コチラでも確認してみてくださぁ〜い♪
http://herohero.ti-da.net/e3147334.html


投稿者 金城さん


今回はハゼです

ハゼは煮付けや天ぷら、大型なら刺身、小型なら唐揚げが美味しい。また干して汁物の出しにと色々な料理に使える。そんなハゼを狙って11月29日、岡山・吉井川河口へ妻と出掛けました。

左岸側は河口から30〜40mほど沖にミオ筋があり、水温が下がってくると良型のハゼが集まる。
「そろそろ頃合」と思いながら「投釣ホリデー カレイ・アイナメ」11号のハリにサシエの青虫を刺してキャストした。



丁度ジアイだったようで次々と竿がおじきをする。サイズは15cm以上が多かったから「思惑通り!」しかし、直ぐに潮止まりとなり、ハゼ祭りは一休み。
満ち潮になるとフグやケッケの猛襲でエサやハリが直ぐに取られる。それでもフグは高級魚のトラフグなので「知り合いの調理師に頼んで今夜はてっさだ〜!」とキープした。



その結局、13〜21.5cmのハゼ33尾とトラフグ7尾、ケッケ9尾をキープ。今年はセイゴが極端に少ないようだが、ハゼはもう少し水温が下がると更に良型揃いの好釣果が期待できますヨ!




岡山 矢部さん


明石沖&洲本沖でのジギング釣行

11月25日(木)と26日(金)の2日間、明石沖へ、28日洲本沖へジギング釣行しました。
そろそろ明石沖も終盤を迎え爆発的な釣果がないまま水温も低下し、期待が薄くなってきました。例年でしたらイカナゴパターンやタチウオパターンといった、明石沖独特の青物釣法が私達釣り人を楽しませてくれます。何故か今年はツバスの入り(大阪湾)が少なくて、例年よりボーズになる確立が・・・。
しかしこの条件の中でどうやって釣るかと言った楽しみ方もありますね。
懲りずに25日の釣行内容をレポート致します。

前日よりタチウオパターンで狙うかシラスパターンで狙うか迷いました。考えると寝る時間が少なくなるので当日実釣で考える事にしました。
同船者は5名で皆バラバラのジグとシャクリで釣行開始、ヤハリなかなか誰にもヒットしません。やっと1人がヒット!なかなかの締め込み。で、ヒットしたのはでっぷり太ったメジロでした。
次の流しでは5名連続ヒット!!
ヒットしたのは全部メジロでサイズも型揃い、その後何回かの流しでメジロ1尾追加で時合い終了で、その後はヒットなし。



今回のジャークパターンはワンピッチでテンポ良くシャクッてヒットするパターンでした。
私はシラスパターンでジャークを行いましたのでヒットジグは撃投エアロ30gグローです。
 
26日は当初釣行予定でなかったのですが、25日の釣果が良かったので急遽釣行となりました。
当日はやや天候が西高東低で気になりましたが前日の釣行メンバーの3名で釣行です。この日はロング系のジグを中心にワンピッチで辛抱強くやってみました。同船者にやっとヒットワンピッチのロングでのヒットでしたので私もロングを取り入れながらひたすらシャクリましたがヒットしたのはハマチでややガッカリ。
この日は同船者がハマチを追加し、これから時合いかと思いましたが生憎の天候悪化で早上がりとなってしまいました。
写真は無しです・・・。
ジギングフックはスティンガージギングフック38 SJ-38TG 3/0を使用しました。
 
28日久しぶりに淡路の釣り友とジギング釣行する事となって淡路島へGO〜。
当日、西風が気になりましたが、淡路島の風裏となって凪に近い状態。
26日の釣行と同じようなシャクリを行い、この日は釣り友がメジロ4尾・私2尾サイズは75センチ前後でタチウオの新子をたらふく食べてました。



この日もジギングフックはスティンガージギングフック38 SJ-38TG 3/0を使用しました。


兵庫 塚原さん

喰い渋る難しさを楽しみに!

11月28日、ホームグラウンドのひとつ和歌山県宇久井の磯に釣行。水温が徐々に低下し喰い渋るグレ釣りの難しさを楽しみに行った。



上がった磯は、お気に入りの小平石。水温は18.7℃で北西風の風、思った以上に強く釣り辛い状況。あの手・この手とグレ釣りの引き出しから試行錯誤。
パターンをつかみグレの数釣りを堪能、最長寸は尾長グレ40cm。
これからのグレ釣りは難しくなるが、面白いシーズンです!



タックル
ミチイト:ザイト・フラッシュRX2.5号
ハリス:ザイト磯フロロ2〜3号
ハ リ:元輝グレ6〜8号、拳グレ6〜9号、剣華グレ6〜8号


関西磯研 丹井さん


ウキルアーによる磯からのサケ釣り

釣 り 方:ウキルアーによる磯からのサケ釣り
釣 行 日:平成22年11月24日(水)
ポイント名:函館市原木町・原木川河口左岸斜路左の盤
天   候:晴れ、気温2℃、波無し
時 間 帯:午前6時〜8時
サ イ ズ:61cm1,9kgオス、78cm4,5kg、77cm4,0kgメス
スプーン名:コータックコンデッス5430に板オモリを貼り60gに改造したオレンジとシルバーの水玉模様中心のオリジナルデザイン

当日は今期最低気温だった。出張前の最後の休みの為相当気合が入っていた。
午前3時半起床、午前4時過ぎに現地ゲート前に1番手で着いた。本日は岬先端に2名、私が入った旧原木川河口左岸規制杭下の斜路左の盤に2名の計4名でスタートした。



午前6時釣行開始、30分後に一度コツンとアタリらしい反応が有った為、隣の方にも伝え、少し気合を入れて行う事にした。間も無く私にアタリが有って魚が掛かったが反応が薄かった。すんなり寄って来た為「サケで無いかも知れない。」と言ったが、私より先端に居た隣の方がサケである事が分かって教えてくれた。タモ入れも無事に終わり61cm1,9kg極小の但し、ウロコが剥がれる程綺麗なオスザケを上げる事が出来た。これで今季71尾に成った。
 実は翌25日(木)から8日間の長期出張に行く事に成っていて、今季最後のサケ釣りに成るかもと思っていた為、何とか昨年の釣果実績の73尾にしておきたいと思っていた。何と間も無く2尾目も私に来た。この時はサケが私達が居た盤に向かって泳いで来ていた。ラインを巻いてもサケの強い引きを暫く感じなかった。盤手前で大暴れしてタモ入れも数回目でやっと手にする事が出来た。78cm4,5kgのお腹がパンパンと張ったギンケのメスザケだった。



更に何と3尾目も私に来た。この時は普通に寄せる事が出来、77cm4,0kgのギンケのメスザケを上げる事が出来た。隣の方に「申し訳無いな。」と思ったがこれで当初目標の前年73尾に並んだ。結局この日の朝は全体で私が釣った3尾のみの釣果だった。



11月18日(木)に65尾目を上げた段階でサケ釣りを始めて足掛け12年、1200尾に成った。次なる目標は今季三桁達成で有る。


ニックネーム 函館釣り倶楽部のマサル


明石沖のジギング

11月21日(日)明石沖へジギング釣行しました。
明石のショア青物も終盤になり、ショアから狙える射程圏に青物も入らなくなってジギングに頼りました。
ジギングでも難しい時期でしてハズすとボーズの可能性も大いにありなので釣行中は気が抜けません・・・
前回はテンポ良く一日ジグをシャッくってどーにかハマチゲットできましたが(ジグを飛ばす様な感じで)、今回も同様にシャクッて見ました。(前回は同船者もテンポ良くシャクッてヒットがありました)
ただこの時期は(特に今年はツバスの入る数が少なかったので)拾い釣り的なジギングになります、気長にシャクル事が大事です。時よりテンポ良くシャクリながらロングを入れたりショートジャカなど入れ集中力を持続させながら根気よく頑張りました。
やはり今回もショアでも使用する撃投ジグ85gがメインでフックはスティンガージギングフック38 SJ-38TG 3/0.を使用しました。

想像通り、アタリすらなく時間が過ぎていきます・・・。
同船者も集中力を切らさずジグサイズを変え少しキャストなどを行い数少ないチャンスを者にしようと努力します。(仕事もこのぐらい集中したらすごいやろーな、と冗談を言いつつ・・)
ため息をついた同船者にヒット久しぶりの生命感に船上が活気づきます。数少ないヒットのため同船者も慎重に魚との距離を詰めていきます。あまりにも慎重なんで、えらい慎重やなと悔しさ半分以上でプレッシャーを与えつつ横でネットを持ってランディングの用意をすると鰤サイズが確認できました。
ええ魚やん、そら上がってこんは!無事ランディング全長78cmの立派なメジロでした。
ヒット後、同じポイントを再度流し連続ヒット(同船者全員3名とも)船上が戦場に一番早くランディングできたのは私で(マイランディング)後、全員のを無事ランディングできました。



全長は75〜77cmの型揃い。見事なプロポーション。vvv・・・こうなると次もあるねとジギング再開、同船者にまたまたヒット、これで3尾目。次俺なと言いつつノーヒットですが3尾釣った釣り友にまたまたヒット、ホンマかいな??
4尾も釣るとランディングもに余裕が(悔しいと思いつつ・・・)ネットIN・これまたグットサイズの77cmでこの後はあたり遠のき終了。
今回はサイズアップした釣果と一回の貴重なあたりを捉える事ができ大満足なジギングでした。(ジギングには集中力が必要ですね)


兵庫 塚原さん

今週はオフシャジギングへ

前週にサーフジギングで石しか釣れなかったため、翌週は山口県見島沖にオフショアジギングにいってきました。
はじめて使う撃投ジグハイパー200gシルバーに5/0フックをセット。朝イチで小さいながらも初ヒラゴをゲット。




日が高くなってからは80cmのメジロ、そしてなんと10kgオーバーのキハダまでヒット!
う〜ん、撃投ハイパー恐るべし。水深のあるポイントだったのでグローベリーってのが良かったのかもしれません。
さぁ次は20kgのヒラマサ狙います!(笑


ニックネーム ワタローさん


<< | 2/21 | >>

Search

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
画像投稿はコチラ!
2009年以前の記事はコチラ!
無料ブログ作成サービス JUGEM